ぬまのーと(numa-note)

投資・読書・将棋に興味があります。

ウイスキー投資ってのが流行ってるみたいです。

f:id:massan1122:20190217020103p:plain

こんちは、大学生ニートのぬまおー(@youqixi1122)です。
今回はウイスキー投資について調べたことを書いていきたいと思います。NHK連続テレビ小説”マッサン”では主人公が日本独自のウイスキーを持ち込もうとした竹鶴さんが主人公になっています。ちなみにトップ画像も”マッサン”のモデルになった竹鶴政孝さんとリタ夫人の似顔絵です。

なぜ投資に向いているかと思ったか?

日本のウイスキーは2019年現在高く海外で評価されていて需要と供給が追い付かない状況になっています。
例えば、2018年1月に香港のオークションサイトでシングルモルトウイスキー「山崎50年」が3250万円で落札されました。また「山崎ミズナラ2017 EDITION」が現在40万円~50万円の値が付いています。このように高い需要があり何十年とかけて製造していく製品は供給も少ないので高く売れやすいのです。ちなみに下の画像(↓)のキリンの”富士山麓原酒50°”も供給が追い付かず来年3月下旬に出荷を辞め販売を終えるそうです。ウイスキーを好きな方はもちろん、倉庫に余裕のある方は買っておいてもよいかもしれません。


そも、ウイスキーとは

代表的な蒸留酒の一つで、大麦麦芽や穀類を糖化して酵母によって発酵させたものを蒸留します。その蒸留酒を樽の中に入れて保存して出来たものがウイスキーです。マッサンの中で蒸留器の掃除をするシーンが出てきています。麦芽を原料にしたウイスキーをモルトウイスキー、トウモロコシを原料にしたウイスキーをグレーンウイスキーと呼びます。トウモロコシと麦芽を原料にしたウイスキーをブレンデッドウイスキーと呼びます。熱源として用いられるのがピートと呼ばれる炭です。

ウイスキーの保存方法

アルコールが40%以上あるので発酵もしないので賞味期限が切れるなんてのは無い模様です。ただ直射日光や高温を避けた方が良いでしょう。ウイスキーの栓がコルクの場合が多いのですが、10年もたてば傷むことがあるので酒屋さんに聞いてみましょう。また、樽に保存している時は品質が上がりますが瓶に詰めた時点で品質が変わることが無くなるようです。

トロフィーや金賞を受賞したウイスキー

イギリスのウイスキー専門誌ウイスキーマガジンの発行元が主催する大会「ワールド・ウイスキー・アワード」(WWA)、これもイギリスの酒類専門出版社「ウィリアム・リード」が主催して開催しているISCで受賞、金賞を授与された製品を列挙する。


ブレンデッドでは

  • 響30年
  • 響21年
  • 響17年
  • 響12年


モルトでは
サントリー山崎蒸留所の

  • 山崎18年
  • 山崎12年
  • 山崎ヴィンテージボトル1983
  • 山崎シェリーウッド1986
  • 山崎1984
  • 山崎25年
  • 山崎ミズナラ2012
  • 山崎パンチョン2012
  • 山崎ミズナラ2013

サントリー白洲蒸留所の

  • 白洲25年
  • 白洲18年
  • 白洲ヘビリーピ―テッド
  • 白洲バーボンバレル2013


ニッカの

  • 竹鶴25年
  • 竹鶴21年
  • 竹鶴12年
  • ザニッカ
  • 宮城峡12年

メルシャンの

  • 軽井沢15年
  • 軽井沢17年

キリンディスラリー

  • シングルグレーン・ウィスキーACED 25YEARS SMALL BATCH

本坊酒造マルス信州蒸留所
マルスモルテージ・3プラス25 28年

以下のウイスキーが受賞歴があります。もしかしたら価値が上がるかも知れないのでぜひ調べてみて下さい。


まとめ

もしウイスキーを愛飲する方で長くレアなウイスキーが欲しい方はぜひ今のうちに買い溜めしておいた方が良いかもしれません。

近々グーグルマップで近畿の酒屋一覧を作って掘り出し物を探せるように工夫してみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!