ぬまのーと(numa-note)

気になっている本やニュース、ブログ運営などいろいろ書きます。

逃亡犯を正確に捕らえる顔画像ビッグデータ@人民網

こんちは、ぬまおー(@youqixi1122)です。
今回は「逃亡犯を正確に捕える顔画像ビッグデータ」を紹介したいと思います。
それでは行きましょう!


乗車券売り場に入ったその男は購入前に逮捕された。ある白髪の男は先ごろ貴州省貴陽市金陽バス駅でバスに乗ろうとしていた。駅の監視カメラが男の顔を撮影すると、貴陽市公安局の「顔画像ビッグデータ」システムが直ちに「逃走中の容疑者が駅構内に進入」という警報を出した。駅の巡回に当たっていた楊超巡査は逮捕の指示を受け、1分後には男を取り押さえ、その場で身元の確認が行われた。人民日報が伝えた。

逮捕された男は全国指名手配中の容疑者で、18年前に浙江省で起きた殺人事件の容疑がかかっていた。楊巡査は「年月がこれだけ経っていたので、男の顔は当時の指名手配の写真とはまるで別人のようで、人の目ではほとんど分からないほどだった。しかし顔画像ビッグデータシステムの目を逃れることはできない。このシステムのサポートのおかげで、金陽バス駅では今年、18人の逃走中の容疑者が捕まっている」と説明した。

全文はコチラ。

ぬまお的感想

最近大阪で警察所から逃げ出した強盗犯のニュースが巷をにぎわしていますね。
防犯カメラとビッグデータをうまく使って逮捕できたことは素晴らしいことだと思います!
しかし、これを日本で導入するのはかなり難しそうですね~
プライバシーであったり法律の壁が厚そうだからです。
共産党独裁の中国だからできた体制であるかな~と思います!

顔とビックデータの関係は確かに面白そうですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!