ぬまのーと(numa-note)

気になっている本やニュース、ブログ運営などいろいろ書きます。

成毛眞のAI時代の人生戦略読んでみたよ!

f:id:massan1122:20180711151705j:plain

こんちは、ぬまおー(@youqixi1122)です。

今回は「AI時代の人生戦略 成毛眞」を読んでいて

気付いた感想などを書きたいと思います。

 

 

 

第一章は要約するとStemと呼ばれる頭文字の教科が大事という話です。

SはサイエンスのS

TはテクノロジーのT

EはエンジニアリングのE

Mは数学のM

 

第2章は要約するとそのStemに現代アートのAを結び付けて

Steamと呼ぼうじゃないかみたいな話でした。

例えばPerfumeやBaby metalのように音楽とグラフィック技術の融合のような

感じです。

第3章はマイケルオズボーン教授の論文から今後50年でなくなりそうな

職業を一覧でまとめ、また野村総合研究所のレポート(国内601種の職業ごとのコンピュータ技術による代替確率の試算」からAIに代替されるであろう職業を一覧でまとめられています。

これら全3章を使ってSteamの重要性とAI時代に突入する意味について書かれています。

第4章

第4章ではどのようにすれば理数系の知識に触れることができるのか、

またその方法について述べられています。

例えば

  • サイエンス番組を1.3倍で見る
  • 雑誌を読んでみる

この2つが挙げられています。

番組名では

  • サイエンスzero
  • コズミックフロントNEXT
  • モーガン・フリーマン 時空を超えて

この3番組です。

雑誌名では

  • ナショナルジオグラフィック日本版
  • ニュートン
  • 日経モノづくり
  • 週刊東洋経済
  • 週刊ダイヤモンド
  • 日経ビジネス

これらです。

 これらの番組や雑誌を読めば高校以来全く理系の教科に触れていない人でも理系的なセンスが身につくのでは?という成毛さんのおススメが載っています。

第5章では

ジュール・ヴェルヌ、星新一という小説家について

おススメされています。

SF小説を読むことをおススメされていて発想が面白かったです。

確かに2001年宇宙の旅の中で出てきた人工知能HALって

今から見ればAIですもんね。

かなり今から見れば未来予知に見えてきます。

 

Incというサイトでは著名な経営者の愛読書を何個か紹介。

ただ全て英語なので英語強者の人におススメ。

第6章では

第6章は成毛さんの読んだ本の中で

おススメに思ったモノを何冊か紹介。

個人的にはAttentionという本が紹介されていたので

読んでみたいと思いました。

内容としてはいかにして人の注意を引き付けるかについて書かれた本のようです。

まさに僕のやりたいことまんまですね。(笑)

成毛さんの本ではおススメの本を何冊か紹介することがあるが本当に為になります。

なぜなら前もって成毛さんの目を通した本なのでハズレ本が少なそうだから。

今後もおススメの本を紹介する取り組みを続けていただければと思います。

しかし、文中で触れた本のタイトルと著者名はリストにしてどこか巻末にのせてもらいたいな~ 

まとめ

Stem、理系的発想を持つことの大切さについて書かれている本でした。

Newtonを読んでみたりSF小説を読んでみると確かに面白そうです。

最後までお読みいただきありがとうございました!