ぬまのーと(numa-note)

気になっている本やニュース、ブログ運営などいろいろ書きます。

kindleアンリミテッドで読める将棋の本おススメ一覧(2018/7/7現在)

 

f:id:massan1122:20180707191257j:plain

こんちは、ぬまおー(@youqixi1122)です。

今回はkindleアンリミテッドで読める本の紹介をしたいと思います。

将棋の本でkindleアンリミテッドで読める本は意外と沢山あります。

それを今回紹介していきたいと思います。

※2018/7/7の情報なので更新される可能性があります。

 

 はじめに

kindleアンリミテッドで読める棋書はかなりたくさんあります。

よければお手持ちのケータイやパソコンで

是非読んでみてください!

 

定跡書

 中飛車

系統で言えばこの本

 左の本が持久戦中心、

 右が急戦中心の本になります。

 これらの本を読めば多分中飛車は初段まで

指せるようになりそうです。

 

www.numao.work

 

タップダイスさんのノーマル三間飛車本

三間飛車の本が少ない中でこれだけの研究をkindleで

読めるのは感動すると思います。

ぜひ読んでみてください。

 

www.numao.work

 

定跡裏街道 

色々な振り飛車を幅広く書いている本。

個人的には右の角交換振り飛車シリーズが

採用率を高めているので好みです。 

棋書ミシュランでもAに指定されていたほど良書。

詰将棋

古典名作詰将棋

 古典実戦詰将棋

 

当サイトでもよく紹介する古典名作詰将棋。

本来なら1冊500円合わせて1000円するが

kindleアンリミテッドなら読み放題なので、

登録すれば無料。

問題の質自体もかなり高いのでおススメ。

下の記事でも書評してみたよ!↓

 

www.numao.work

 

次の一手

 

このひと目シリーズは本当に良問ばかりで好きです。

次の一手とは一場面で次に指す一手を考える問題集。

 

本で買うと一冊1200円ほどしますが、kindleアンリミテッド

なら無料なので実質タダで読めるのでおススメです。

一冊当たり180問~200問なのでかなりボリュームのある棋書です。

 

まとめ

kindleアンリミテッド、通常は月980円ですが

Amazonprime会員限定で2ヶ月99円で利用可能です!

あと10日でセールが終わってしまうので

この機会にぜひ登録してみてください!

 

※2018年7月22日現在終了しました!

 

 

またprime会員で無い方はこちらから登録できます。

 

かなりおススメです。

 最後までお読みいただきありがとうございました!