ぬまのーと(numa-note)

気になっている本やニュース、ブログ運営などいろいろ書きます。

ブログ記事のアイデアの出し方に悩んでいる人へ (卒論やレポートにも!)

 

f:id:massan1122:20180621153715j:plain

こんちは、ぬまおー(@youqixi1122)です。

何記事もブログに書いているとネタ切れに悩むときがありますよね。

しかしある考え方を知ってからいくつか思いつくようになりました。

これらの考え方を応用すれば卒論やレポートにも応用が効きます!

それでは3個の方法を紹介していきます!

 

 

#1きっかけはクロネさんのこの記事

僕はずっとアイデアの出し方を悩んでいました。

そこでgoogle先生の力を借りて調べているとこんな記事が!

kurone43.com

 

確かにyahoo知恵袋など疑問や願望を叶えるために他の人に質問するサービスは

自分の知識の範囲でカバーできるのであれば有力なツールになりそう

 

他の人にニーズがある知識はブログに書けばネタになりそう。

また一般的には知られていないが、実用的で役だつ知識である可能性が高いと思う。

 

#2二つ目の材料はたまたま流れてきたこのツイート

 このツイートを見てこの考え方だけで

ブログのネタにできそうなものがたくさんできると思った。

たとえば、”高級炊飯器4つ買って味比べしてみた!”とか

ペプシコカ・コーラの味の違いがわかるか?”とか

”ふるさと減税で節税できる人とできない人の違いは?”とか。

ブログや文章は読者が筆者が考えた結果や知識を比べてみた結果を表現していることが体感的に多い気がするのでこのような考え方もおすすめ。

 

#3材料を拾うために本を読む

そもそも上に書いたアイデアの例はコカ・コーラやふるさと減税という固有名詞

を知らないと出てこないものです。

なので、自分の中での考える材料を持つために本を読みましょう。

自分は無趣味でブログに書けそうな知識なんてないよ~

という人はニュースや新聞から気になった記事を自分なりに調べてそれを

紹介するなどでしょうか?

そういう意味では親や先生が新聞を読みなさいと推していた理由が少し分かった気がします。

news.yahoo.co.jp

 

最近流行りの仮想通貨なども記事を書きやすい筆頭だと思います。

  • 例えば仮想通貨を取引する取引所おすすめやウォレットのおすすめ
  • 取引するに値するおススメのコイン

などさっと考えただけでもいろいろアイデアが起きそうですね。

#4テーマと自分の知識との関連性を調べてみる

大学の所属する部活において文章を2000~3000字以上書いて提出するという宿題を出されたことがありました。

テーマは経済や金融などお金の流れに関する文章を大学の卒論のように書いてみなさいというものでした。

  1. 僕が真っ先に行ったことが図書館に行って最近の経済に関するニュースを読み込んで自分の興味のある事象を調べる。
  2. 自分の自信の持って書ける知識を紙に書きだす。
  3. その関連性がありそうな事柄をネタにする。

という感じでした。

自分の頭の中にある事柄や整合性が取れているネタしか説得力がある文章が書けないというのもポイントです。

まとめ

  • ヤフーの知恵袋を読む
  • 気になる事柄を比較する
  • 新聞や本を読む

この三点を行えばよいのでは?という記事でした。

以下アイデアの出し方の定義化が済めば順次発表していきます!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

おまけ

読書猿さんのアイデア大全もおすすめ

この本ではアイデアの出し方を42個述べているのでいろいろなパターンに対応できそう。