ぬまのーと(numa-note)

気になっている本やニュース、ブログ運営などいろいろ書きます。

731読んだ[閲覧注意]

こんちは、ぬまおー(@youqixi1122)です。

今回は731という本を読みました。

僕も最初はただの数字の羅列に

思えました。

実は第二次世界大戦で日本軍に創設された部隊の名前を

その数字は表しているのでした。

詳しく説明していきます。

 

 

731とは

第二次世界大戦で日本軍の側に創設された731部隊のノンフィクション作品。

で、その731部隊が何をやっていたかというと細菌兵器の研究である。 

たとえば、ペスト、コレラ、破傷風…etc

の研究である。

なぜ、細菌兵器開発に関わっていたかというと通常の兵器に使われる金属が日本では収集しにくかった点、検疫部隊隊長の石井四郎?の影響だとか。

で、その実験材料は捕虜だそう。

また生きた状態でサンプルにされたとか。

出来うる限り強力な箘は動物の体、とくに人間の体から採取すれば良いのだとか

死んでしまうと雑菌が入ってしまうそうなので。

そう考えると石井四郎?って結構マッドサイエンティストですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!