ぬまのーと(numa-note)

気になっている本やニュース、ブログ運営などいろいろ書きます。

過去の僕に伝えたい就活の話

 

f:id:massan1122:20180623152805j:plain

こんちは、ぬまおー(@youqixi1122)です。

この記事を読む方にはこれから就活を迎える人も多いと思います。

そんな人に就活を終えた自分からおススメできることを、就活での経験を2ヶ月前の自分に伝えるつもりで書いてみました。

それを今回まとめて記事にしてみます!

 

 

 

#1業界研究の本、自分の行きたい業界の本を前もって読んでおけ

これです。

業界の就活本は本屋で探せばあります。

僕としてはIT業界と半導体業界に興味があったので詳しく書いている本を3冊くらい買いました。

これらの本を前もって読んでおけば説明会での会社の説明をより深く理解することができるでしょう。

 

ついでにこの記事もどうぞ

 

massan1122.hatenadiary.jp

 

多くの説明会で会社の良い部分を説明され悪い部分は意図的に隠しているというのが就活を行ってきた中で抱いた感想です。

  • ガバガバな会社の説明会ではグラフだけが示されていて売上は上がり調子ですよという説明を加えます。しかし、利益の割合などを示してくれていない会社に出会いました。
  • ボーナスを提供する定義としてどのようなものがあるかとの質問をすれば、上司の主観による等の回答を得られる会社もありました。

 

IT企業であれば、大きく分けてソフトウェアとハードウェアに分けられます。

ソフトウェアの中でも一次受けか二次受けかそれ以下か。

大企業から依頼を受けてますとアピールする企業も見てきました、重要なのは売上と利益と福利厚生です。

例えば、売上高、利益、社員数など重要な情報を教えてくれない会社もありました。

大体の目安として社員数×1000万円を下回る売上高を持つ会社は安い給料であることが多いです。

さらに少ない社員で一人当たりの売上がウン億の企業などは優良である企業が多いなども業界研究の本に載っていたことであります。

またおススメの就活本を追記します。

 

#2銀のアンカーはマジでおススメ。

何でおススメするかというと

  • 作者がドラゴン桜やインベスターZ等で知られる三田先生だから情報に信用できるから。
  • マンガ形式なので分かりやすいから
  • 下手な就活本を読むより中に登場するリクルートの専門家のインタビューを見るほうが面白い。

これらのメリットがあるからです!

マンガ自体も1~8巻と冊数も少ないのもおすすめっす。

 

 

#3学内で行われる説明会にはいくべし


学内で行われる説明会に来てくれる企業は基本自分の学校の生徒を求めているイメージです。

手っ取り早く内定が欲しいのならオススメします!

合同会社説明会は直接社員の方と話が出来る点が魅力だが参加したところで、もう一回説明会を受けなければならないなどあまり得にならなかったです。

その点、学内説明会ではその企業の説明会を受けたら面接免除など特典もあったのでそちらの方がオススメです。

 

#4前もってメモ帳に志望動機と自分の強みのテンプレ等を作っておけよ!

これです。僕の場合、初面接でその場で何とかなるでしょ精神で挑んだ結果爆死しました。

スマホのメモ帳かぼっちのライングループを作ってそこにメモっていけばいいかもしれません。

ある程度飛んできそうな質問もテンプレ質問集に大体載っていたので、本屋で前もって本を買って読んでおきましょう。

実際に僕が食らった質問リストを記しておきます。

  1. あなたの強みは?
  2. なぜ御社に?
  3. まわりの人からあなたはどんな人だといわれる?
  4. SEについての印象は?(SE志望だったため)
  5. 好きな言語は?
  6. なぜこの部活に入ったの?
  7. 英語は得意?
  8. あなたを採用するメリットは?
  9. 何故こんな成績になったの?
  10. あなたは団体を引っ張る人?それともついていく人?
  11. 履歴書に書いている趣味以外の趣味は?
  12. 世の中がこのようになったらとか希望はある?
  13. あなたを動物に例えると?
  14. あなたの欠点は?
  15. あなたを色に例えると?
  16. …etc

こんな感じでした。

 これを見ているかもな就活生は気を付けるようにな!

自己分析が済んでいない就活生はこの記事も読んでみて!

 

massan1122.hatenadiary.jp

 

 

まとめ

  • 就活本を買う
  • 銀のアンカーを読んでみる
  • 学内説明会に参加する

この三点を就活でおススメしたいと思います。

これから就活に挑む方にはおススメします。

最後までお読みいただきありがとうございました!